資産運用・不動産投資の知識はあるとこれから役に立ちます。
資産運用道場

購入時のコスト

|不動産の利回りには大きくわけて2つあります|

表面利回り 年間収入÷不動産価格×100
実質利回り (年間収入−保有時の諸経費(※1))÷(不動産価格+購入時の諸経費(※2))×100

(※1)不動産保有時の諸経費。固定資産税、都市計画税など。
(※2)不動産購入時の諸経費。建物に対する消費税、不動産仲介手数料など

例えば年間家賃収入500万円、不動産価格10,000万円、購入時の諸経費500万円、不動産保有時の諸経費が年間100万円の不動産に投資する場合、表面的な利回りと実質の利回りとでは以下のような違いが生じてきます。

表面利回り(%) 500万円÷10,000万円×100=5%
実質利回り(%) (500万円−100万円)÷(10,000万円+500万円)×100=3.8%

このように同一の不動産でも、表面的な利回りと実質の利回りとでは諸経費も勘案する分、当然、実質の利回りの方が低くなってきます。不動産に投資する場合、指標となる「利回り」が「表面利回り」なのか「実質利回り」なのか確認する必要があります。
では、不動産投資における諸経費にはどのようなものがあるのでしょうか。

recommend

千葉にある教習所

2019/2/12 更新

 

Copyright (c) 資産運用道場.All rights reserved